Type in your account to login. Only foreigner, Korean login go

닫기

仁川空港公社のロゴ

顧客参加

広報館観覧

仁川空港第2旅客ターミナル広報展望台

観覧案内

空港係留施設や飛行機を眺めながら仁川国際空港の体験施設などを楽しむ先端スマート空間であり、第2旅客ターミナルを代表する名所です。

  • 運営曜日・時間 : 07:00~20:00 (年中無休)
  • 仁川空港紹介定期ブリーフィング時間 : (平日) 12:30/14:00/16:00 (週末) 12:00/14:00/16:00 
    • 専門のスタッフから仁川空港の歴史、施設の紹介など、専門的な紹介を受けることができます。
  • 観覧に関するお問い合わせ : 仁川空港第2旅客ターミナル広報展望台 +82-32-741-0015~6
位置・全景
제2여객터미널 홍보관 위치 및 이동방법 관련 지도 이미지

位置 :仁川国際空港第2旅客ターミナル一般エリア5階中央

観覧プログラム及び順序
공항건설분야 이미지

空の道の軌跡をパターンとして演出し、空港の特別さを表現した場所 _ ブリッジ

4階から広報展望台へと続く道には、まるで一層上に導いてくれるような力強い羽を広げるカモメのオブジェがあります。その美しい飛上に沿ってエスカレーター・エレベーターを利用して5階に進むと、まず初めにブリッジスペースが目に飛び込んできます。ここでは、滑走路の上から飛び立つ飛行機を思い浮かべることができるように、天井に空の道の軌跡をパターンで演出し、空港という場所の特別さを表現しています。

공항운영분야 이미지

空港の過去と未来を共に眺めることができるデジタル空間 _ 実物模型/複合メディアマッピングショー

広報ゾーンを訪問すると、模型マッピング映像とDID映像による複合マルチメディアショーを通じて、仁川国際空港の歴史と未来を一度に体感できます。ここでは映像メディアを通じて、開港前の1991年の永宗島の姿を確認できる一方で、未来の空港複合都市の姿も見ることができます。また、12mに達する大型模型を通じて空港の段階別に施設を効果的に紹介しており、広報ゾーンでは1日3回、専門の広報スタッフから仁川国際空港の歴史と建設ストーリーを聞いて楽しむことができます。

공항운영분야 이미지

最先端の手荷物処理システムをVRで鮮明に体験する _ 仁川国際空港VRツアー

展望体験ゾーンのVR(Virtual Reality、仮想現実)は実写360VRで、仁川国際空港の手荷物処理システムの内部を体験者に鮮明にお伝えします。また、受託手荷物がスキャナーによって付けられたタグ(Tag)の認識を通じて、目的地までの最適ルートへと運搬され、ライン停滞・障害発生時には代替ルートで運送を行い、1秒あたり7mで素早く運送する高速システムでベルトコンベアーに合流し、航空便別の積載台で最終的に分類、という過程をポイント別先端技術で表現しています。
※ 展望体験ゾーンは1人用シミュレーターを2台設置しており、VRの体験は一度に3分間お楽しみいただけます。

공항운영분야 이미지

展望台での楽しい思い出をいつまでも大切にしたいなら _ タイムスライスフォトゾーン

広報展望台で思い出に残る写真を撮影したい時はタイムスライスフォトゾーンを訪れましょう。一般人が簡単にアクセスしにくい、仁川国際空港の多彩な空間を背景に合成して面白い写真を撮ることができます。

공항운영분야 이미지

一から十まで、仁川国際空港のすべて _ 数字で見る仁川国際空港

数字で見る仁川国際空港は、これまでの空港の運営実績と建設に関する各種記録を見ることができる空間です。ここでは、仁川国際空港の延べ面積から航空機の運航回数、旅客・貨物処理実績、世界空港サービス評価(ASQ)12年連続1位の記録など、興味深い内容を2Dイメージで詳しく確認することができます。

공항운영분야 이미지

係留場の飛行機が見下ろせる場所でコーヒーを一杯_ 眺望空間

広報展望台を見学して足が疲れたら、眺望空間で一休みするのはいかがでしょうか? この空間からは、開放的な窓ガラス越しに係留場に駐機する飛行機が見渡せます。また、コーヒーや様々なドリンクを販売するvilla de charlotteカフェが出店しており、幸せなひとときをお過ごしいただけます。

ホームページの内容についてのお問い合わせは下記ところにお問い合わせください。
  • 担当部署 : 広報企画チーム
  • TEL : +082-32-741-2012, 2115